国際交流・アジア野生動物医学会委員会

国際的な学術交流は、日本の野生動物医学における教育、研究の発展に必須の活動です。日本の野生動物医学の更なる発展に貢献するために、国際交流委員会では日本の野生動物に携わる多くの方々に、海外の方々と交流できる機会を設け、情報交換および人的なネットワークの構築を行える場を提供します。また、日本野生動物医学会の活動を広く海外の方々に知ってもらえるよう情報発信を行っていきます。

・国際的な学術交流の推進
(アジア・オセアニア地域の野生動物関連の情報や施設、および大学との連携強化)
・アジア保全医学会との連携
・Wildlife Disease Associationとの連携
(アジアにおける野生動物感染症サーベイランスネットワーク構築)
・OIEアジア事務所と連携(野生動物感染症情報システム構築)
・日本野生動物医学会において国際シンポジウムを開催
・日本野生動物医学会公式HPやFacebookでの情報発信
・学生部会国際交流係との連携

委員長 木戸伸英(横浜市立金沢動物園)
副委員長 木下こづえ(京都大学野生動物研究センター)
委員 伊藤英之(京都市動物園)
木村順平(ソウル国立大学)
嶌本樹(日本獣医生命科学大学)
高見一利(豊橋総合動植物公園)
竹鼻一也(市原ぞうの国)
伴和幸(大牟田市動物園)
藤原摩耶子(京都大学)
森田菜摘(横浜市立よこはま動物園ズ―ラシア)
柳川洋二郎(北海道大学)

委員会からのお知らせ

お知らせはありません